後悔しない家造りのためのノウハウを消費者の立場から垂れ流し~! さらに一刻も早いローン完済のための情報をコッソリ教えます★


 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



■当然ですがメーカー・工務店の資料請求と比較してますよね?
⇒⇒⇒ハウスメーカー・工務店の資料一括請求窓口




今日もぽちっとお願いします♪
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 住まいブログへ





 
太陽光発電(ソーラーパネル)を設置してもう1年以上が経つのですが、
最近ご近所でも太陽光発電を設置したり検討しているご家庭が増えてきて
分譲地の中では早くに設置したせいか色々訊かれます。

太陽光発電モニター

そこで今回は太陽光発電設置の補助金について書いてみようと思います。


まず太陽光発電装置を設置する場合に補助金が出ることは皆さん知って
いるかと思いますが、補助金が国、県、市町村別で支給されることは意外
と知らないようです。



国の太陽光発電の補助金の交付には下記のような一定の条件があり、
その条件を満たしていないと補助金の受給ができなくなります。

■条件
① 変換効率が一定基準を上回っているもの
② 一定の品質・性能が一定期間が確保されているもの(メーカーサポートなど)
③ システム価格が600,000円/kw(税抜き)以下であること


また補助金の申請の受付期間も決まっていますので太陽光発電を設置すれば
いつでも補助金を受けれるとは限りません。
ちなみに平成23年の申請受付期間は、4月12日(火)~12月22日(木)でした。


■補助金額(国)
48,000円/太陽電池モジュールの公称最大出力1kwあたり

4.0kwの太陽光発電装置を設置した場合の国からの補助金は
192,000円(平成23年分)となります。



たったのこれだけ?
と思うかもしれませんが、補助金は都道府県とさらに市町村からも出るようになって
いますのでトータルでは50万円ほどの金額になります。


ただし、県も市町村もそれぞれ年間の予算が決まっているので基本的に申請の
先着順で支給されていきますので、どうせ設置するなら早めのほうがいいということです。


我家の場合は契約したのが11月中旬だったので補助金が間に合うか微妙だった
のですが、万が一補助金が受けれなかった場合は施工会社が補助金分を負担するという
契約書を作ってくれました。


補助金の申請というと手続きが難しいように思いますが、実際には太陽光発電の設置業者が
ほとんどやってくれますので、客側は用紙に捺印するくらいしかしなくてOKです。



都道府県や市町村など自治体の太陽光発電の補助金の交付状況は独自の期間や金額なので
それぞれの自治体に確認する必要があります。

我が家に来た太陽光発電の営業さんの話では、来週から隣県の市町村で申請受付が開始になるので
しばらくはそこで営業活動すると言ってました。

自治体の受付状況を調べて現地で集中的な営業を仕掛けているようです。


そんな話の中、営業さんから教えてもらった業者選びのポイントがあるのですが、上記のように
地元以外の地域にまで行って営業する業者も多いので、

その業者の本社や支社が自分の住んでいる地域にあるのか?

というのは後々の保証問題などのことを考慮するとチェックした方がいいと言っていました。


その他にも業者選びのポイントはありますが、今は太陽光発電設置の見積りが無料で複数社とれてしまう
サービスがありますからそれを利用しないのは損ですよね。
しかも匿名でもOKとなれば見積もり後の営業電話を心配することもないです。

太陽光発電の優良業者 最大5社の見積り比較


地元の施工業者を匿名で見積もり比較





スポンサーサイト



■当然ですがメーカー・工務店の資料請求と比較してますよね?
⇒⇒⇒ハウスメーカー・工務店の資料一括請求窓口




今日もぽちっとお願いします♪
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 住まいブログへ




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。