後悔しない家造りのためのノウハウを消費者の立場から垂れ流し~! さらに一刻も早いローン完済のための情報をコッソリ教えます★


 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



■当然ですがメーカー・工務店の資料請求と比較してますよね?
⇒⇒⇒ハウスメーカー・工務店の資料一括請求窓口




今日もぽちっとお願いします♪
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 住まいブログへ





 
我が家の庭に花壇と砂遊び場ができました。

花壇と言っても恐らく家庭菜園になりそうな予感ですが・・・

070414_1539~01.jpg


砂場は砂遊びが大好きな子供たちのためのプレゼントです。

070414_1539~02.jpg


その日の夜の長男6歳との会話・・・


長男 : パパありがとう!

ワタシ : なにが~?

長男 : 砂場ありがとう~

ワタシ : どういたしまして(まんざらでもない様子。。。)


長男 : でも、ちょっと小さいけどね!


ワタシ : ・・・・・・・・・・・・・・

この長男、家の計画中も

「10階建てくらいの家にしてよ~」とか「外に階段ある~?」

とかぬかしておりました。。。

それってマンションじゃね~の?


そして家が完成してからは

「もっと大きな家がよかった・・・」


そんな時、私はいつも優しく言ってあげるのです。


「自分で建てる時はそうしなさい♪」


しかし、なんだかんだ言って毎日近所の子供も一緒に

砂場で遊んでくれていますので、まぁよかったかな~?


でもね~砂場があると庭は汚れますよ。

ちなみにこの規模で使った砂は土嚢袋6体(約180kg)と遊び砂5体(100kg)です。

遊び砂というのはホームセンターに行けばあると思いますが、

通常の砂よりも粒が細かい砂や消毒済みの砂のようです。




掛かった費用は砂1,800円(@300)、遊び砂2,500円(@500)、板と杭で約2,000円。

後日、隣の敷地に砂がこぼれないように買ったコンパネが2,000円(2枚)

合計約8,300円でした。(けっこうかかってるのに・・・)
スポンサーサイト



■当然ですがメーカー・工務店の資料請求と比較してますよね?
⇒⇒⇒ハウスメーカー・工務店の資料一括請求窓口




今日もぽちっとお願いします♪
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 住まいブログへ





 
ちょっと前から気になっていた曲があります。

職場で有線がかかってたりラジオを聴いてる方なら耳にはしていると思います。

さくら さくら 会いたいよ~~~~

最初何気なく耳にしていた時は失恋の歌か~と流していたのですが、

よ~く聴いてみると心が凍るような切ない曲でした。

高野健一さんのブログではこの曲の設定は抽象的というような表現をしていましたが、

わたしのイメージしたものは

1歳を迎えた娘が突然亡くなってしまう状況でした。

この状況、子を持つ親としては想像しがたい景色です。


私事ですが、先月娘が産まれました。

上の二人が男の子のため、

「また男の子だとショック!?だから産まれるまで性別は聞かない」

という嫁さんの意向でずっとどちらか分からないまま出産を迎えた訳ですが、

お腹の出かたからして男の子だね!

という意見を鵜呑みにしていた私は男の子の名前しか考えていませんでした。

そんな状況でいきなりの女の子です。

そんな突然降ってわいたような女の子の名前候補の中に「さくら」という名前がありました。

結果的にさくらという名前は付けなかったのですが、割と気に入っていたので、

苗字との字画の相性がよかったらつけていたと思います。

そんな経緯があったので余計この さくら という曲が琴線にふれるのかもしれません。

職場では有線放送がかかっているため、2時間に1回、仕事をしながら

切なくなってしまいます。


有線放送の問い合わせチャートで1位になり、その後放送枠から外れましたが、

今度はランクインしてまた今週から放送されています。

ゆっくり聴ける状況でしたら歌詞に耳を傾けて聴いてみてください。


きっと家に帰って、我が子をぎゅ~っと抱きしめたくなります・・・



高野健一さんのブログ
たかのけんいちのなか

さくら

着うたはこちら
qr_uta1.jpg




■当然ですがメーカー・工務店の資料請求と比較してますよね?
⇒⇒⇒ハウスメーカー・工務店の資料一括請求窓口




今日もぽちっとお願いします♪
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 住まいブログへ





 
駐車スペースは外枠が完成したので一段落です。

生コン打設の予定が決まったらラス(網)とピンコロ買ってきて並べるだけです。


そこで今回は気軽な作業の花壇ブロック並べです。

庭の南面に沿って奥行き70cmの幅約5mってとこでしょうか。

例によってブロックを並べるラインに水糸を張って並べて行きます。

070405_1015~01.jpg


またまたブロックのレベル出しをしなきゃいけないのですが、

今回は友人から借りてきた水平器でラクラク作業です。

水平器↓


水平器というのは対象物の水平や垂直を手軽に測る計測器です。

原理はいたってシンプル!

下の画像のように液の中にあるエアの位置で水平(垂直)を測ります。


線と線の真ん中にエアがあれば水平(垂直)な状態です。


これを使うとどれだけ簡単かといいますと。

水平器の片側を境界ブロックに乗せて、反対側を杭に当てます。

そうして水平の位置で杭に墨出しすればOK!

あとはその墨線から何cm下を花壇ブロック上面にするか決めて水糸を張るだけです。


水糸が張れたらあとは土を掘って砕石を敷いて固める。

ブロックを置いてレベルを調整しながら並べて行きます。

ものが物だけに多少のズレは気にしません・・・!

一気に並べて終了です。


今回画像はありませんが、後日作った砂場と一緒にUPすることにします。


先日、アスファルト工事の営業がいきなり訪問してきました。

次回はその辺の話題について報告します。


でわでわv




■当然ですがメーカー・工務店の資料請求と比較してますよね?
⇒⇒⇒ハウスメーカー・工務店の資料一括請求窓口




今日もぽちっとお願いします♪
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 住まいブログへ





 
前回からの続きで縁石並べ作業です。

最初の縁石を基準にしてどんどん並べていきます。

070331_1146~01.jpg


砕石を敷いて固めてレベルとっての繰り返しなんですが、この縁石が地味に重い・・・

1個が約20kgはあるかと思います。

これを置いてはレベルみてずらして置いて、砕石叩いてまた載せての繰り返し・・・

一つの縁石を置くのに4~5回繰り返します。

さすがにこれには堪えました。


070331_1213~01.jpg


全て並べ終えたところで今度は縁石の高くなっている側の下の隙間に砕石を入れます。

次に縁石を固定するために回りにモルタルを盛ります。

結構重い縁石ですが蹴飛ばせば動いてしまいますし、我が家には二人のギャングがおります。

毎日庭で遊んで泥だらけになっていますので油断できません(笑

この二人のお陰でDIY作業はスピード命です。

水糸なんかは平気で引っ掛けて切られますから・・・


それでもなんとか終了。

所要時間は約4時間ってところでしょうか。

070331_1348~01.jpg



ちょうど後片付けも終わる頃になって・・・雨。。。

運がいいのか悪いのか・・・

とりあえずの養生を施して作業終了です。

070331_1357~01.jpg



あとはモルタルが固まったら土を盛って平らにすればOKです。

次はもう一箇所の縁石設置が残っています。


まだまだお付き合い下さい!


DIYの参考になります

 
今回の作業は駐車スペースとささやかなお庭との境目になる縁石設置です。

庭のグランドレベルと駐車スペースのレベルに差が出る(約10cm)ため、

通常は歩道乗り上げ用に使う斜めの縁石を並べることにしました。

前回の縁石設置部分は両端に塀があったため平行のレベルはとり易かったのですが、

今回は状況が異なります。

そこでまずは縁石の高さを決めるレベル出し作業からかかることにします。


今回レベルの基準としたのは敷地周りのブロック塀です。

これはメーカーが施工したものなのでほぼ水平はとれていると信じることにしました。

そこで両端のブロック上面で水糸を張ります。
  ↓   ↓   ↓   ↓
070331_1051~01.jpg


次にこの水糸のレベルを杭に墨出しします。

070331_1052~01.jpg


印のつけ方は画像のようにVの字の頂点を目的の位置に合わせると見やすいです。

これは実際の建築工事現場で使う方法ですので間違いありません。


次に実際に縁石を置くレベルをブロック塀側に縁石を置いて決めます。

適当な高さで区切りのいい寸法ということでブロック上面から24cmにしました。

この寸法を反対側の杭にマーキングして、その位置で水糸を張ります。

070331_1130~02.jpg


上の画像でチェックの厳しい方は気付いたかもしれませんが、杭の高さがかなり低くなってます。

これは最初の打ち込み深さでは杭がグラつくためしっかり固定されるまで打ち込んだ結果です。


水糸のレベルは縁石上面に合わせましたが、水糸と縁石のオフセットは15mmとしました。

070331_1131~01.jpg


そして基準となる最初の縁石ですので、水平器で水平をとります。



全ての基準が出来ましたので、あとは縁石を並べていくだけになります。


ちょっと長くなりましたので続きは次回にします。


まだまだ続けられそうです(笑




■当然ですがメーカー・工務店の資料請求と比較してますよね?
⇒⇒⇒ハウスメーカー・工務店の資料一括請求窓口




今日もぽちっとお願いします♪
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 住まいブログへ





 
ランマーでの駐車スペースの下地固めも完了しましたので次の工程となる縁石施工に移ります。


まずは駐車スペース奥に当たる部分の作業からです。

縁石やブロックを並べる場合の注意点としては高さのレベルを合わせることと

真っ直ぐ並べることですよね。

そのために必要なのが水糸です。



両端の位置出しさえちゃんとすれば後は水糸を基準にすれば綺麗に並べることが出来ます。


水糸張るのも面倒という方はこんなのどうですか?



これなら面倒な高さのレベル合わせはいらなそうですね(笑




今回は細長いブロックにしましたので一応水糸を張りました。

070325_1659~01.jpg


この画像じゃ水糸見えませんね。。。下の画像なら見えると思います。



070325_1700~01.jpg

ブロックの右側に黄色い水糸が見えますか?

水糸を張る場合、画像のようにブロックを置く位置から2~3cmオフセットさせた寸法で

張って、ブロックを設置しながら水糸との距離を測って並べます。


水平レベルはブロックの高さに合わせて張っていいと思います。


わたしの場合、大ざっぱな性格なのでブロックの傾きだけ気にして作業しました(苦笑


あと水糸を張る場合、両端の杭は出来るだけしっかりと固定した方が安心して作業できますよ。


今回は並べる数も少ないため落ちていた鉄筋の破材で済ませましたが、水糸はできれば

ピ~ンと張った方が良いので、杭がしっかり固定されていないと寸法がずれてしまいます。

いつの間にか水糸の位置がずれていて綺麗に曲がってしまうことのないようにして下さい。


また、ブロックの下地は砕石(砂利でも可)を敷いて固めます。

水平レベルを出すのは面倒ですが低い部分には砕石を盛って、高くなりすぎれば

たたいて調整します。


あまり神経質になるときりが無いので程ほどがよいかと思います。。。


並べ終わりましたら土台をモルタルで固めます。↓

070325_1801~03.jpg


ここでちょっとした問題。

今回設置した場所は幅にして3.2mです。

購入したブロックの長さは60cm。



そう、、、余りがでてしまうんですね~

かと言って綺麗にブロックをカットすることなんて素人にゃぁ無理ですので、

大ざっぱ人間でありギャンブル好きの私が下した判断は・・・




運にまかせて・・・割る。。。。(ボソッ




どこかの角に当ててたたけば割れるっしょ(北海道弁です

と言うことで実行した結果です下







070325_1801~02.jpg


どうっすか?


ちょうど土留めを固定する金具に当たっていたことが幸いした結果だと思いませんか?

いくら私だって適当に割って真っ直ぐに割れるとは思ってませんって・・・



ただ、継ぎ目部分に隙間があるように見えますがこれはちょっと誤算。。。


2回チャレンジしてこのように上手く割れた面は、砕石を固めるために使っていた面・・・



そのため角がきれいに丸くなってしまっているのでした。。。

ちょっと気になりますが、もう一回割っても上手くいく自信が無いのでこれでよしとします。


次回は庭との境になる縁石を並べます。



ちょっとヘビーな作業になりそうです・・・


ウッドデッキ物色中↓





■当然ですがメーカー・工務店の資料請求と比較してますよね?
⇒⇒⇒ハウスメーカー・工務店の資料一括請求窓口




今日もぽちっとお願いします♪
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 住まいブログへ





 
なんだかランマー関連で引っ張りすぎた気がしますので、一気に進めたいと思います。

ランマーについてちょっと調べてみましたのでまずはご報告。

ランマー本体重量は機種によって異なりますが約70~80kgくらいのようです。

打撃力はこれも機種によりますが、1㌧~9㌧のようです。

想像以上の打撃力ですので使用する際はつま先を踏まないように充分に注意してください。

使用時間の目安としては、3Lの燃料タンクで1時間以上の作業は可能とのことです。

ちなみにエンジンが4ストなら普通ガソリンでOKですが、2ストの場合は

混合ガソリン(ガソリンと混合油を混ぜた燃料~混合比は25:1が標準)

になりますので給油が必要な場合は事前にエンジン種類を確認した方がいいでしょう。

使用中はかなりの振動かと思っていましたが、防振ハンドルのためそれほどでもありません。

↓ランマー作業風景
070324_1654~02.jpg


エンジンを掛けると勝手に前進しますんで、画像のように女性でも作業可能です。


↓転圧終了
070324_1608~01.jpg


ランマーでの転圧方法は、自動前進スピードに合わせて多少押しながら支えるだけでOKです。

私は駐車スペースの外周から徐々に内側に円を描くように進めました。


余談ですが、砂利部分が少しまだらになっているのは砕石を少々ばら撒いたせいです。

我が家の駐車スペースの下地には川砂利を使いましたが、砕石も撒くことで石と石の間の

目が詰まってより硬い地盤にするためです。

通常、下地には砕石を使います。

それも石だけでなく、細かい粉状の石も混じった砕石でC-40などと言われている種類です。

この手の砕石を置いてあるホームセンターはなかなか無いと思われますが、

2t(約2リューベー)とか使う時は持って来てくれる業者もあります。

我が家の駐車スペースの地盤は土ですのでその土に最初に砂利をめり込ませて地盤を硬く

しようと思い砂利を敷きました。

しかしちょっと敷き過ぎました。。。

理想としては3cmくらい砂利を敷き、その上に砕石を10cmくらい敷いてランマーで固める

というのがよかったかな~と思っています。


ちなみにこのランマー作業で約5cmは下地面が下がりました。

地盤の固さにもよると思いますが、盛土の場合はかなり柔らかいので砕石の追加や、

コンクリートの厚さが増える可能性もありそうです。

我が家の場合は結果的に土のう袋35体追加しました。

@300ですので¥10,500追加です。

これまでの費用概算

砂利・縁石等   ¥34,600
ランマーレンタル ¥ 1,970
砕石追加分    ¥10,500

合計 ¥47,070


やっと下地固めも終わったので次の工程の縁石並べへ取り掛かれます。


まだまだ続きます。。。



■当然ですがメーカー・工務店の資料請求と比較してますよね?
⇒⇒⇒ハウスメーカー・工務店の資料一括請求窓口




今日もぽちっとお願いします♪
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 住まいブログへ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。