後悔しない家造りのためのノウハウを消費者の立場から垂れ流し~! さらに一刻も早いローン完済のための情報をコッソリ教えます★


 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



■当然ですがメーカー・工務店の資料請求と比較してますよね?
⇒⇒⇒ハウスメーカー・工務店の資料一括請求窓口




今日もぽちっとお願いします♪
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 住まいブログへ





 
今日は住宅ローン控除のための確定申告に行ってきました。

確定申告なんてちょっと・・・と言う方が多いとは思いますが、税金を

軽くしてくれるんだからその恩恵に授かりましょう。

必要書類などは住宅メーカーからお知らせが来るはずです。


住宅借入金等特別控除の申告に必要な書類

1.源泉徴収票(当該年分)

2.建物・土地の登記簿謄本(取得したものの分)

3.建物・土地の売買契約書のコピー
  購入金額が分かる部分と捺印した部分を用意した方がいいようで
   す。添付書類として渡します。


4.住民票1通

5.借入れをした金融機関から発行される借入金の残高証明書
  年末前に金融機関から郵送されますので大事に保管しておいた方が
  いいですよ。


6.印鑑、筆記具、電卓、預金通帳。


どうもこの手の書類は見ただけで拒絶反応をおこしがちですが、

理解しようとしてよく読めば分かると思います。

今じゃネットでも申告書の作成が出来ますので、無駄な時間を過ごした

くない方は自宅なりで作成して行った方がよさそうです。

国税局ホームページから作成コーナーへいけます。


ちなみにこの住宅ローン控除は年々縮小して、適用は平成20年末入居者

となっています。

また、控除額が年々縮小するので早めに新築を!などと一時期騒がれま

したが自分が支払った所得税額以上の還付はあり得ない訳で・・・

それを理由に焦ってマイホーム購入するのはナンセンスのようです。

これをネタにするメーカーの営業トークにも気をつけてくださいネ♪


わたしはローン残高証明書が無く今日は提出までいけなかったのですが

証明書の再発行を銀行に問い合わせたところ、再発行は無料で可能の

ようですが相当面倒くさそうな対応だったのでもう一度物色することに。

念のため会社の引き出しを見てみたところしっかりありました。

提出書類は出来ているのでこれを加えて完了です。


次回は駐車スペース工事の続きを報告します。

スポンサーサイト



■当然ですがメーカー・工務店の資料請求と比較してますよね?
⇒⇒⇒ハウスメーカー・工務店の資料一括請求窓口




今日もぽちっとお願いします♪
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 住まいブログへ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。